カール・ブリューロフ画集
59d8e55af22a5b4592004400 59d8e55af22a5b4592004400 59d8e55af22a5b4592004400 59d8e55af22a5b4592004400

カール・ブリューロフ画集

残り2点

¥3,800 税込

送料についてはこちら

【画家紹介】 カール・ブリューロフ(1799-1852)はペテルブルク生まれの画家。 1822年より、イタリアに留学。そこで《ポンペイ最期の日》(画像二枚目)を制作し、パリで「グランプリ」を受賞。この作品によってローマ、ミラノ、パリにて大成功を収める。 1835年にモスクワに戻り、そこで詩人プーシキンと出会い、度々共に芸術談義を交わす仲となる。 最晩年はイタリアへと移り、ローマ近郊のマンツィアーナにてその生涯の幕を閉じる。 ハードカバー、大型本 71ページ、320×270mm 言語:ロシア語 出版:アルト・ロドニク社 出版年:2008年