「芸術世界」:20世紀初頭における芸術家同盟
59758f29c8f22c6f8c00038a 59758f29c8f22c6f8c00038a 59758f29c8f22c6f8c00038a 59758f29c8f22c6f8c00038a 59758f29c8f22c6f8c00038a

「芸術世界」:20世紀初頭における芸術家同盟

残り1点

¥12,800 税込

送料についてはこちら

「芸術世界」の代表的な画家の作品をまとめた画集です。知られざるロシア・アールヌーヴォーの世界がこの一冊に。 【「芸術世界」派(ミール・イスクーストバ)とは?】  19世紀末のロシアにおいて、セルゲイ・ディヤーギレフとアレクサンドル・ベヌアらペテルブルクの唯美主義教養人によって創始された芸術家グループ。 1898年より1904年まで同名の芸術雑誌を発行。社会問題にフォーカスした主題が多かった後期移動展覧会派に対抗して「芸術のための芸術」を唱え、かつてのロシア「黄金の時代」の復古を志した。 「芸術世界」派の展覧会には多数のロシアの画家が参加し、20世紀初頭のロシア美術界において重大な運動となった。 「芸術世界」派に所属した主なメンバーはアレクサンドル・ベヌア、コンスタンチン・ソーモフ、レフ・バクストなど。 ハードカバー、大型本 285ページ、327×247mm 言語:ロシア語 出版年:1997年 状態:新品