ロシア美術館:アレクサンドル・ゴロヴィン展 カタログ
5c9c2427a71db73b9c54e1cf 5c9c2427a71db73b9c54e1cf 5c9c2427a71db73b9c54e1cf 5c9c2427a71db73b9c54e1cf 5c9c2427a71db73b9c54e1cf 5c9c2427a71db73b9c54e1cf 5c9c2427a71db73b9c54e1cf 5c9c2427a71db73b9c54e1cf

ロシア美術館:アレクサンドル・ゴロヴィン展 カタログ

残り1点

¥13,980 税込

送料についてはこちら

【画家紹介】 アレクサンドル・ゴロヴィン(1863-1930)はロシア、モスクワ出身の画家、舞台美術家。ロシア・アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人である。1899年から1907年までディヤーギレフ、ベヌアーが主催する「芸術世界」派の展覧会に参加し、同名の芸術雑誌の表紙デザインをいくつか手がけている。 1897年より舞台デザインをはじめ、1900年にはコレシチェンコのオペラ『氷の家』、1901年にはリムスキー=コルサコフの『プスコフの娘』の舞台デザインを手がけ、着実に舞台芸術家としてのキャリアを築き上げた。1908年には帝室劇場の首席デザイナーとなり、同年にはオペラ『カルメン』、『ボリス・ゴドゥノフ』のデザインを担当。どちらもゴロヴィンの独特な色彩とダイナミックな構図が実に見事な傑作である。 ディヤーギレフとはロシア・シーズンのオペラ作品で共同に仕事を行い、『火の鳥』の衣装デザインなどを担当した。 1927年にモスクワ芸術座のデザイナーを務め、1928年には舞台美術家としてはじめてソ連の国民芸術家に選ばれた。 ゴロヴィンのようにデカダン的な作風を得意とした芸術家は社会主義の成立より、海外に亡命する者やスターリン政権において粛清される者が後を絶たなかったが、ゴロヴィンは最期までロシア・ソ連で仕事を続けた。1930年没。 ハードカバー、大型本 132ページ、305×295mm 言語:ロシア語 刊行年:2013年 出版:ロシア美術館、パレス・エディションズ ご入金確認後3〜5営業日以内にヤマト運輸(代引の場合はゆうパック代引)で発送いたします。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。