ロシア美術館:アートの中の「空」展 カタログ
5d6b893ce4fc3934587819a9 5d6b893ce4fc3934587819a9 5d6b893ce4fc3934587819a9 5d6b893ce4fc3934587819a9 5d6b893ce4fc3934587819a9 5d6b893ce4fc3934587819a9 5d6b893ce4fc3934587819a9 5d6b893ce4fc3934587819a9

ロシア美術館:アートの中の「空」展 カタログ

残り1点

¥9,890 税込

送料についてはこちら

空(そして宇宙)は私たちに何を語りかけるか。 2010年にロシア美術館にて開催された展覧会のカタログ。本展ではロシア美術館、及び個人所蔵のコレクションから110点に及ぶ作品を展示。イコン画など中世ロシア美術と19-20世紀までの絵画から、フォトグラフィー、ビデオアート、インスタレーションといった現代アートまで幅広く展示している。 「空」はどの時代においても芸術家たちに多大なるインスピレーションを与えてきた。この展示では「空」という概念に着目し、あらゆる観点から「空」というテーマを掘り下げていく。 「アートの中の『空』」展では、エリク・ブラートフ、ミハイル・シュワルツマン、オスカー・ラビン、ヴィクトル・チホミロフといった、ソ連時代における非公式芸術の代表的なアーティストの作品を展示。 そしてロシア国外のアーティストも参加しており、ドイツのイェルク・イメンドルフ、そして日本の現代美術家、映像作家である水谷イズル氏の作品も展示されている。 「空の向こう側から」と題されたパートでは、空のはるか先にある宇宙をテーマにした作品を紹介。 世界で初めて宇宙遊泳を成し遂げた宇宙飛行士のアレクセイ・レオーノフが手がけた絵画作品、ペテルブルクのプルコヴォ天文台の望遠鏡が撮影した色彩溢れる星雲の写真などを展示。 アルヒープ・クインジ、イヴァン・アイヴァゾフスキー、アレクセイ・サブラーソフといった19世紀ロシア絵画、そして20世紀前半のソビエト絵画からも「空」というテーマのもとで多くの作品が集った。 「空」はどの時代でもどこの国でも同じ青さを誇っている。そんな空の青さと深さを芸術家たちはどう表現していったのだろうか。この展示では時代も国境も超え、あらゆるジャンルの芸術作品を通じて「空」に迫っていく。 本書はそんな興味深い展覧会のカタログとなります。この一冊を眺めていると、空への見方が変わってきそうです。 ハードカバー、大型本 168ページ、250x340mm 言語:ロシア語 刊行年:2010年 出版:ロシア美術館、パレスエディションズ ロシアより直輸入しておりますので、輸送の際に書籍に小さな傷等がつく場合がございます。ご了承くださいませ。 ご入金確認後3〜5営業日以内にヤマト運輸で発送いたします。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。