ノルマンディーの絵画
5e35e82ac78a5375b36026f2 5e35e82ac78a5375b36026f2 5e35e82ac78a5375b36026f2 5e35e82ac78a5375b36026f2 5e35e82ac78a5375b36026f2 5e35e82ac78a5375b36026f2

ノルマンディーの絵画

残り1点

¥4,400 税込

送料についてはこちら

エストニアのクム美術館で開催された展覧会の図録。 本展のテーマはノルマンディーの絵画。 フランス北西部に位置するノルマンディー地方は、沿岸部の美しい景観でよく知られており、フランス印象派の画家たちがこよなく愛した土地でもある。本書では印象派を代表するモネから、ナビ派の一人に数えられるエドゥアール・ヴュイヤール、ラウル・デュフィなどの作品を収録。 イスクーストバがフランス絵画の書籍を紹介するのはおかしく思えるかもしれません。しかしながら不思議な繋がりはあるもので、コンラート・メギ(1878〜1925)というエストニアの画家がノルマンディーの景観を実にビビッドな色彩で描いていたります。そしてエストニアから遥か離れたノルマンディーはメギを通じてエストニアの芸術にも影響をもたらしました。 エストニア絵画やロシア絵画をじっくり見た後で、有名な印象派の絵画を眺めると新たな発見があるかもしれません。そうした意味でもこのカタログはオススメです。もちろん、フランス絵画ファンにも…。 ソフトカバー 128ページ、215x280mm(横×縦) 言語:エストニア語、英語(対訳) 刊行年:2009年 出版:クム美術館 本商品はエストニアより直輸入しているため、輸送の際に書籍に小さな傷等がつく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。 ご入金確認後3〜5営業日以内にヤマト運輸で発送いたします。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。