アレクサンドル・イワーノフ画集(2005年)

アレクサンドル・イワーノフ画集(2005年)

残り1点

¥5,500 税込

送料についてはこちら

【画家紹介】 アレクサンドル・イワーノフ(1806〜1858)は画家アンドレイ・イワーノフの息子にして、19世紀前半のロシア古典主義絵画の巨匠である。 イワーノフの代表作『民衆の前に現れたキリスト』(画像7つめ)は20年の歳月と600点以上のエスキースを費やして描かれた大作であり、ロシア絵画史に残る金字塔としてロシア人の誰もが知っている作品である。 同時代のアイヴァゾフスキー、ブリュローフに並び、伝統的な古典主義を吸収しながら新しい境地を開いた画家の一人として現代では名高く評価されているものの、晩年を過ごしたペテルブルクではその作品はあまり評価されず、憂鬱を患いながら52年の生涯を終えたという。 ハードカバー 72ページ、270x355mm(横×縦) 言語:ロシア語 刊行年:2005年 出版:Art Rodnik 本商品はロシアより直輸入しているため、輸送の際に書籍に小さな傷等がつく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。 ご入金確認後1〜3営業日以内にヤマト運輸で発送いたします。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。