{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

【古書】18世紀のロシア絵画

残り1点

¥4,400 税込

送料についてはこちら

18世紀のロシアはピョートル大帝の改革により、急速な西欧化が推し進められ、文化・芸術の領域にも大きな変化をもたらした。 1757年にはペテルブルクに絵画、彫刻、建築の三大アカデミーが設立。西欧と同様の古典主義美術を教育する機関として美術アカデミーは唯一の存在であり、美術史上に名を残した偉大な芸術家を数多く育て上げたのである。 18世紀後半のロシア絵画で優れた作品といえば貴族の肖像画だろう。ローコトフ、レヴィツキー、ボロヴィコフスキーが描く令嬢の肖像画は柔らかで知的な雰囲気がよく表現されており、ロココ絵画のような優美な印象を与えている。 参考価格:¥6,600 ソフトカバー 128ページ、220x285mm 言語:ロシア語 刊行年:2014年 出版:ベールイ・ゴーラト 状態:良品 本商品は古書となります。書籍の交換・返品は対応できかねます。あらかじめご了承くださいませ。 ご入金確認後1〜3営業日以内にヤマト運輸で発送いたします。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。