{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

絵画を思考する:モスクワ・コンセプチュアリズムにおける視覚領域

残り3点

¥4,980 税込

送料についてはこちら

2016年にZimmerli Art Museumにて開催された企画展"Thinking Pictures"展のカタログ。1970年代に勃興したモスクワコンセプチュアリズムと呼ばれた非公認芸術の世界を探求する。 イリヤ・カバコフ、エリク・ブラートフ、ヴィクトル・ピヴォヴァロフ、コーマル&メラミート、アレクサンドル・コソラポフ、ユーリー・アルベルトなど、運動を代表するアーティストの作品を掲載。 権威に逆らい、検閲に反駁し、自由を求めた芸術家がソ連に存在した。そして小さなアパートの一室から生まれたアンダーグラウンド・アートがいかにして世界を魅了したか。知られざるモスクワ・コンセプチュアリズムの深層へと誘う好著。 ハードカバー 168ページ、235x310mm(横×縦) 言語:英語 刊行年:2016年 出版:Zimmerli Art Museum at Rutgers University 本商品はエストニアより直輸入しているため、輸送の際に書籍に小さな傷等がつく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。 ご入金確認後1〜3営業日以内にヤマト運輸で発送いたします。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。