{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

Hannah van Bart

残り3点

6,600円

送料についてはこちら

ハンナ・ファン・バート(1963〜)はアムステルダムを拠点に活動する画家である。彼女が描く「肖像画」は、伝統的な概念を逸脱し、具体的な個人の姿を描写するのではなく、彼女の心の奥底に宿る想像上のイメージから紡ぎ出される。作家は、空想上の人物を描く行為を「風景や静物を描くこと」と同質であり、「人の顔を描くことは水溜りのある小道を描くことと全く同じ」と形容する。実在のモデルの姿を具象化するのではなく、直感や感覚のままに、心の中のイメージを何度も練り直しながら作品を生み出す。資料としてインターネット上の写真を参考にすることもあるが、そのような外部からの具体的なイメージは、最終的に作品から全て排除される。彼女の作品は、漠然とした記憶を辿っているような曖昧さがあり、浮かんでは消えゆく刹那的なイメージに満ちている。 このモノグラフは、2023年4月から8月にかけてCentraal Museum(ユトレヒト)にて開催された個展に併せて刊行されたものである。本展では過去20年間にわたるハンナ・ファン・バートの画業の集大成が披露され、一枚の作品を除き全てオランダ本国で初めて公開された。 ソフトカバー 226ページ、230×300mm(横×縦) 言語:英語、オランダ語 刊行年:2023年 出版:Jap Sam Books 状態:新品 本商品はオランダより直輸入しているため、輸送の際に書籍に小さな傷等がつく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。 ご入金確認後1〜3営業日以内にヤマト運輸で発送いたします(最短で翌日発送)。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください

セール中のアイテム