{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

Monet / Rothko

残り2点

7,200円

送料についてはこちら

2022年にジヴェルニー印象派美術館にて開催された展覧会「Monet / Rothko」の開催に伴って刊行されたカタログ。印象派を代表する画家クロード・モネ、そしてアメリカ抽象表現主義の中核を担った画家マーク・ロスコ、この二人の巨匠のつながりに焦点を当てる。本展では、ロスコの作品6点と晩年のモネの絵画7点を展示し、双方の作品を「対話」させることで、鑑賞者を新たな発見に導く。 ロスコがモネの作品から直接的に影響を受けたかは定かではないが、ロスコはモネの大連作『睡蓮』を所蔵するパリのオランジェリー美術館を訪れたことがあり、何かしらの印象を残したことは間違いない。またロスコは、画家アルフレッド・ジェンセンとの会話の中で「セザンヌよりもモネが好き」と語っており、モネの表現に共感を示していたことに疑いないだろう。 本書の後半には、美術史家のGéraldine Lefebvreと、ジヴェルニー印象派美術館キュレーターCyrille Sciamaによるエッセイを掲載。モネとロスコの類似性に加えて、後期印象派と抽象絵画との関連性についても深い洞察を提供する。 【詳細】 ハードカバー / 112ページ / 247×318mm(横×縦) / 言語:英語 / 刊行年:2022年 / 出版:Flammarion / 状態:新品 【展覧会】 Monet/Rothko 2022年3月18日〜7月3日 ジヴェルニー印象派美術館 ※外部サイトにリンクします https://www.mdig.fr/en/exhibitions-and-activities/exhibitions/monet-rothko/ 【お届けについて】 ご入金確認後3営業日以内にヤマト運輸で発送いたします。営業日15:00までのご注文は最短当日での発送が可能です。土日祝日は発送をお休みさせていただいております。 北海道や沖縄、その他の離島地域にはご指定の日時にお届けできない場合がございます。 発送が完了しましたらメールにて通知いたします。 【注意事項】 弊店でお取り扱いしている書籍は海外より直輸入しているため、輸送の際に微小な傷や角潰れが発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。 ご注文後のキャンセルは原則不可とさせていただいております。 お客様都合(イメージとの相違、注文を間違えた等)による返品はご遠慮いただいております。特別な事情がございましたら弊店までお問い合わせください。なお返品にかかる送料はお客様ご負担となります。 お届けした商品が注文内容と異なる、または書籍に著しい破損やページの破れ、落丁・乱丁等がある場合は、弊店責任となります。返品・交換にかかる送料は弊店が負担いたします。 書籍の詳細(図版の点数や大きさ、特定の作品の収録の有無など)について、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

セール中のアイテム